ESO(エルダー・スクロールズ・オンライン)の攻略、まとめ情報

初心者用講座 -攻略編LV15からCP160まで-

  • HOME »
  • 初心者用講座 -攻略編LV15からCP160まで-



初心者用講座-攻略編-LV15からCPまで

・LV15からCP160までのガイドです。


目次

【レベル15に到達】
【武器切り替えの活用法】
【ムンダスストーンについて】
【勝てない敵に遭遇した!】
【ソロダンジョンなどについて】
【グループダンジョンについて】
【レベル42までにやる事】
【レベル43に到達。】
【レベル45に到達。】
【チャンピオンポイントに到達】
【金策方法】
【この者はよく間違えて物を盗んでしまう】
【CP160に到達】


【前ページ -攻略編LV1から14まで-】

【次ページ -攻略CP編-】

【初心者用ガイドメニューへ戻る】

レベル15に到達。

このレベルになると、武器切り替えが可能になります。

しかし、いきなり武器が切り替え出来るようになったとはいえ、使いこなすのは困難です。

様々な武器を試し、好きなようにプレイしましょう。


尚、1つスキルバーをメインに使用し、2つ目のスキルバーにはレベルを上げたいスキルのみをセットする。

クエストの報告をするときのみ2つ目のスキルバーに切り替えて報告すれば、レベルを上げたいスキルに経験値が入ります。

尚、スキルラインは全て最大まで上げていた方が後にとても便利です。



【上へ】


武器切り替えの活用法

上の【レベル15に到達】の項目のように経験値取得のためだけに使用するのも良いですが、少しでも活用したいというと思うプレイヤーのために解説します。

複雑化を避けるためにあくまで初心者向けの解説です。


2つのスキルバーを表と裏で表しますが、表と裏の使い方には様々な考え方があります。

簡単に解説すると、表は攻撃用、裏は補助用 や 表は攻撃、裏は回復。表は攻撃、裏も攻撃などです。

そして、装備の組み合わせは 両手武器と剣盾、二刀流と弓、弓と弓、炎杖と雷杖、氷杖と剣盾、炎杖と回復杖、両手剣と回復杖など様々です。

弓と弓のように表と裏が同じ武器種でも問題はありません。特に弓メインであればそうするべきでしょう。

他にも最初のうちは裏に回復杖を装備し回復用として使用する事も良いです。

どの組み合わせでもクラススキルは普段通り使用出来るという事も忘れてはなりません。

重要なのは活用方法が洗練されている事。

そして、初めから洗練させるのは不可能なので、正直なところ経験値取得用で問題ありません。



【上へ】


ムンダスストーンについて

ムンダスストーンとは星座の力を得ることが出来る不思議な石です。

冒険していると目にしたことがあるかもしれませんが全部で13種類あり、それぞれに応じた永久的なバフを得ることができます。

攻撃面を上げる物や防御面を上げる物。様々です。

見つけたら、使用してみましょう。



【上へ】


勝てない敵に遭遇した

勝てない敵に遭遇してしまった時、自分の戦いを見直す必要があります。

【武器、防具は装備していますか?】

・防具は重要です。全部位7つ装備し、武器もしっかりと装備しましょう!

・またレベルに合わなくなった武器は必ず変更しましょう。


【回復薬は使用していますか?】

・回復薬はレベルアップ報酬で貰うか、机などにある物を拾うかです。

・商人も販売しておりますが、高価なためオススメはしません。

・使用するにはメニューを開き、スロット可能アイテムにて装備しましょう!


【食べ物か飲み物は使用していますか?】

・ESOでは食べ物が重要です。食べ物を食べる事でステータスが上昇します。

・序盤は体力が上がるパンがオススメですので、そこら辺にあるパンを拾いましょう!


【重攻撃、バッシュ、回避は使用してますか?】

・重攻撃を使用する事で、対応したスタミナ、マジカを回復できます。

・バッシュは敵の力を蓄えて放つ攻撃や呪文を妨害できます。防御も使いましょう。

・回避も大切です。怖い攻撃は回避しましょう。


【無謀に集団と戦わない】

・現在のLVでは集団には勝てません。各個撃破していきましょう。

・落ち着いて戦っていけば必ず勝てるはずです。


【体力が回復するスキルを使用する】

・体力が回復するスキルがどのクラスにもあるはずです。それを軸に頑張りましょう!

・また最初のうちは2つ目の武器スロットで回復杖スキルを使用するのも手です。


【符呪や毒をうまく使おう】

・武器に毒を装備する事で毒ダメージを与える事が出来ます。

・拾ったグリフを武器に使用する事で関連した効果が発揮できます。
 (符呪・エンチャント)


以上の事を見直せば、クエスト内ボスなどは勝てるはずです。

それ以外でどうしても勝てない、特に瞬殺されるような敵は、恐ろしいので今の段階では逃げましょう。

特に地図上でドクロマーク表記の場所はワールドボスと呼ばれる強いボスがおります。
現状ではその辺の居合わせた冒険者と協力する以外に勝ち目はありません。



【上へ】


ソロ用ダンジョンなどについて

冒険していると、このようなマークを目にするかもしれません。

このマークはソロ用ダンジョンのマークであり、現在のレベルでも1人でクリアする事が出来るはずです。

また、このマーク。

しかし、このマークには要注意です。
パブリックダンジョンと呼ばれるマークで、現在のレベルでは 2人でクリアするぐらいのレベルです。

危険な敵がおり、ソロでクリア出来るようになるのは少々先ではありますので無理をしないようにしましょう。

勿論、挑んでみても問題はありません。戦略とプレイスキル次第ではクリア可能かもしれないです。



【上へ】


グループダンジョンについて

LV10を超えた時点で、ダンジョンファインダーよりグループダンジョンをプレイ出来ます。

ダンジョンファインダーは自動で4人グループを作ってくれる機能で、タンク、ヒーラー、DPS2人の4人グループです。

この時期にグループダンジョンを攻略するのはとても難しいので注意してください。

しかし、攻略することは勿論可能ですし、運よく強いプレイヤーとグループが組めた場合は難なくクリア出来るでしょう。

(強くなれば簡単にソロ攻略できるダンジョンばかりなのでソロプレイヤーも急ぐ必要はありません。)

ちなみに現地に直接向かう事でもグループダンジョンに向かう事が出来ます。
その場合は一人かその時にグループを組んでいるメンバーで攻略することになります。

ロールについて

ダンジョンではそれぞれの役割があります。

DPSとは攻撃役の事で、主に敵を攻撃する役割です。

タンクとは敵を引きつけ、グループの盾となる役割です。

ヒーラーとはグループを回復する役割です。

それぞれが最低限の役割は果たした方が無難です。


挨拶について

ダンジョンでは、グループが決まり、ダンジョンに入った時に英語で挨拶をしてくるプレイヤーが存在します。
無言でも大丈夫ですが、せめて、これだけ覚えていればダンジョンは問題ないと思われます。

『hi』『hey』・・・やあ! 挨拶

『sup』・・・若者言葉のやあ!挨拶。supで返せば良い。

『chest』・・・宝箱という意味。ダンジョンで宝箱を見つけた時に発言する人が多い。

『ty』・・・ありがとう。think you の略

『sec』・・・この単語はちょっと待っての意味。

『lol』・・・日本の w や(笑)の意味。笑

『lmao』・・・wwwwww。大爆笑の意味

最悪、I can not speak English と言ってれば問題ありません。

スマートフォンのグーグル翻訳アプリなどインストールしたりすると良いでしょう。



【上へ】


レベル42までにやる事

LV15からレベル42までが一つの節目です。

LV42までに必ずしていた方が良い事はありません。

ただクエストをクリアし、書物をあさり、強敵を倒していくだけでLVは上がっていきます。



【上へ】



レベル43に到達。

このレベルになってくると、ESOにようやく慣れてきた頃ではないかと思いますが
そんな絶妙なタイミングでスキル再配分、能力再配分の巻物を貰えます。

いよいよ、どのようなビルドスタイルを目指すか決める時です。
今までの経験から、スタミナスキルを中心にするか、マジカスキルを中心にするか決めましょう。

基本的には極振り推奨です。

スタミナ型であれば、スタミナ極振り。
マジカ型であれば、マジカ極振り。

しかし、この時点での管理人は全部にバランス良く振ってたため、無理に使用しなくても自由です。
また、ESOは育成に奥深く極振りじゃない方が良い場合もあります。ビルド次第なのです。



【上へ】


レベル45に到達。

アンドーンデッドギルドから招待メッセージが届くはずです。
メッセージに添付された手紙を読み、入会クエストをクリアしましょう。

なお、間違えて手紙を捨ててしまった場合、通常プレイでは戻らないため、運営に報告しましょう。

ちなみに、運営サポートでは下記URLにて説明があります。


公式サイトサポート、アンドーンの手紙関連

〈管理人も6人目ぐらいのサブキャラでやらかし、お世話になりました。〉

ESOでは本当にサポートが充実しています。他にも何か問題があった場合はサポートで検索かけましょう。



【上へ】


チャンピオンレベルに到達。

チャンピオンポイント、略してCPとはLV50に到達したプレイヤーが上げることが出来るレベルのことです。

CP上がる度に攻撃面、防御面、リソース面を大きく強化できます。

このCPは、3000ゴールドを支払えばいつでも気軽に振り直す事ができる為、振り方は気にせず、まずは CP160 を目指しましょう。

CP160までは、すぐに上がります。

CP振り攻略などは、別ページで詳しく紹介しますが、

とりあえずの簡単でオススメの振り方は下記の通りです。

【戦士座〈赤色の物〉】

・駿馬座のアイアンクラッドを重点的に振る。
・淑女座の頑丈、属性の守り手、分厚い皮膚を適度に振る。
(即死を出来るだけ防ぐ為の役割)

【盗賊座〈黄緑の物〉】

・恋人座でスタミナ型なら寄生動物、マジカ型なら神秘師に振る。
(リソース面での役割)

【魔術師座〈青色の物〉】

・自分のメインスキルの火力が上がるように振る。

・一応、解りにくい点で

 精霊座・マスターアトアームズ=アッパーカットなどの即時で直接的に相手に与える系など。

 儀式座・魔術の素質=テンプラーの槍の4連突きや 〜秒かけてダメージを与える継続ダメージ系など。



【上へ】


金策方法

ESOでよくあるゴールドの稼ぎ方の一つにフィールドから採取出来る原料を素材に加工してギルドストアで売るという方法があります。

しかし、この方法はプレイヤー間のギルドに入る必要があり、また50人以上のギルド員がいる状態でストアを落札するということをしなければなりません。

しかも、タムリエルは広いため、ギルドストアの場所が悪いとなかなか売れないという事態にもなります。
(物次第ではすぐに売れます。)

別の手段としては、ひたすらパブリックダンジョンを周回する方法です。

しかし、現在のCPや能力では弱いため、効率はかなり悪いです

大人しく地道にゴールドを貯める方法が無難でしょう。



【上へ】


この者は間違えてアイテムを盗んでしまう

この者は手を滑らせただけだ

この者は手を滑らせただけだ

間違えて盗んでしまうことはよくある事です。

特に商人の前に無造作に置いてある食べ物など、何故か拾ってしまうもの。

さて、泥棒した物品はなかなかの価格で盗賊商に売ることができますが、オススメの泥棒スポットがあります。

DLCなため、ESO会員へ入るかコンテンツを購入しなければなりませんが、

ロスガー地域のオルシニウムがオススメの泥棒エリアです。

オルシニウムを徘徊してみればわかりますが、鍵付きの家が沢山存在し、また奥にそびえ立つ砦(城)は警備がザルです。

暗殺スキルがないと困難もありますが、わずかな時間でそこそこのGを稼ぐことが出来ます。

特に警備がザルの砦は暗殺スキルは必要ないので、暗殺したくない方にはオススメします。



【上へ】


CP160到達。

CP160は、ESOにとっては大きな節目となります。

理由は次の攻略ページで記載しますが、

今まで勝てる気すらしなかったワールドボス、難しすぎるパブリックダンジョン。
だんだんと勝てるようになります。

そして、4人用グループダンジョン。これもギミック上クリア不可能なもの以外はソロでクリア出来るようになってきます。


ただし、まだまだクエストを全て終える事が出来ていないと思います。

ESOではクエストは無数に存在し、CO160到達時のクエスト消化率で言えば、恐らく2割ぐらいでしょうか?

急ぐ必要はありません。

今までの冒険を続けていきましょう。


また、この頃からシロディールのCP有りに参加するのも良いでしょう。

CP160はまだまだ圧倒的弱者で瞬殺される時期ではありますが、この頃からPVPしてると劇的に強くなります。

考えて考えて、何度も試行錯誤して強くなるという事が大切です。

また、BGに関してはノーCPなため、しっかりとしたPVPビルドを作成した時点で第一線の活躍が見込めます。

しかし、ESOの知識もプレイスキルも未熟なため、ほとんどのプレイヤーには瞬殺される事でしょう。


しかし、PVPは泥沼な為、すぐにはオススメできません。

そして、PVP以外でも様々なコンテンツが存在します。

ハウジングを進めていくのも一つです。
ESOには沢山の家具アイテムがあり、奥深いです。

余談ですが週末限定でコールドハーバーのホロウシティに現れる高級家具商人のザニル・テランより、特別な家具が購入できます。

毎週土曜09:00~毎週月曜21:00 (日本時間)
ザニル・テランはコールドハーバーの実績家具商人と同じ建物内にいます。毎週、人が殺到する事でしょう。

他にもギルドに所属するなどで12人の仲間を集め高難度ダンジョンの試練に挑む。

先ほど記述した通り、この時点ではまず半分も終わっていないであろうメインクエスト、ゾーンコンテンツ、ギルドクエストなどを進めていく。

他にも色々ありますが何をするかは自由です。

様々なコンテンツをプレイしていきましょう。



【上へ】


【次ページ -攻略CP編-】




【初心者用ガイドメニューへ戻る】




PAGETOP