ESO(エルダー・スクロールズ・オンライン)の攻略、まとめ情報

アルドメリ・ドミニオンの種族スキル




ダガーフォール・カバナント アルドメリドミニオン紋章 エボンハート・パクト

インペリアル

アルドメリドミニオン

アルドメリドミニオン紋章

・アルドメリドミニオンはハイエルフ・ウッドエルフ・カジートによって結成された同盟です。
・略称は【AD】、【黄色】と呼ばれています。

・余談に関してマニアックな方向けなので注意してください。

目次


ハイエルフ

スキル

ハイボーン 破壊の杖スキルラインの経験値獲得量が15%増加します。
獲得する経験値が1%増加します
呪文の再チャージ クラスアビリティを発動した時、マジカスタミナの低い方を【200 / 400 / 645】回復する。
(この効果は6秒ごとに発動する。)

チャネルか詠唱時間のあるアビリティに使用した場合、被ダメージが【1% / 2% / 5%】低下する。

シラベインの恩恵 最大マジカが【600 / 1200 / 2000】増加する。
属性の才気 呪文ダメージが【86 / 172 / 258】増加する。

種族の特徴

戦闘面
魔法系に強い種族でマジカ系統のビルドにオススメの種族。
マジカ系統のビルドの中での瞬間火力は種族随一だが、継続性は低い。

オススメクラスはマジカ型の全部のクラス。

DPS,ヒーラーに適している。


ハイエルフ

種族デザイン
別名アルトマー、背が高めで魔法の才能が高い。
シロディールの南西のサマーセット島を故郷とし、種族で誇り高く正義感が強い。

ムアイク『ウッドエルフは木でできているのではない。シーエルフは水でできているのではない。ならハイエルフもハイで出来てない?』

================================
【余談】

アルトマーはアルドマーほとんどそのままの種であると考えられている。

アルドメリ大陸からアルドマー(エルフの祖)がサマーセット島に移住した。
その後、サマーセット島に残る者と出る者と別れ、残り続けた種の子孫こそアルトマーであると考えられている。

出る者と残る者、その時代のアルドマーに何があったかは不明ではあるが、信仰する神々の違いなどや当時の支配者の腐敗が原因であるとされている。

多くのアルトマーはデイドラ信仰を異端とし、エドラ(エイドラ)を信仰している
そして、アルトマーはエドラの子孫である事を信じている。

ちなみにエドラはムンダス(世界)を創造した神、デイドラ皇は創造を手伝わなかった存在であるとされる。

================================


【上へ】


ウッドエルフ

スキル

アクロバット 弓術スキルラインの経験値獲得量が 15% 増加する。
落下ダメージが 10% 減少する。
イフレの忍耐 スタミナ再生が【 86 / 127 / 258 】増加する。
苦痛耐性 スタミナ最大値が【 600 / 1200 / 2000 】増加する。
毒耐性が【 660 / 1320 / 2310 】増加する。(最大3.5%毒ダメージをカット)
毒属性攻撃による状態異常、毒状態にならなくなる。
狩人の目 ステルス探知範囲を【 1m / 2m / 3m 】拡大する。
ドッジロールの使用後に、移動速度を【 3% / 6% / 10% 】と
武器、呪文貫通力を【 400 / 900 / 1500 】を6秒間、上昇させる。

種族の特徴

戦闘面
スタミナ系統のビルドに適している。
種族の中でも速さに長けており、継戦力にも優れている。
ドッジロールをどう活用するかがポイント。

DPSに適しているが、その他もビルド次第で十分に可能。


ウッドエルフ

種族デザイン
別名ボズマー。小柄な種族でシロディール南西のヴァレンウッド出身。
弓の名手とされるが、様々なタイプもいる。自然との親和性が高い。
=================================
【余談】

諸説あるが、ウッドエルフの祖先は当時のサマーセット島の生き方を嫌悪し、森で自然溢れる生活をするために旅立ったアルドマーの集団とされていたり、
アルドメリ大陸から直接の移住を行ったアルドマーの集団とされている。

ウッドエルフはアルドマーが古くから信仰していた神々の内の一柱、森の神イフレを信仰している。
しかし、同時にアルトマー同様、アーリエルの直系の子孫と信じており、また多くの神々を信仰している。

ちなみにシルヴェナールとグリーンレディと呼ばれる王とは別に種族の代表的な存在が存在する。
これらについては、長くなるので省略。
=================================

関係ない余談ではあるが一言に商業の神とされるゼニタール(Zenithar)はESOの開発元であるZeniMax Online Studiosや親会社であるZeniMax Media Inc.の名前の由来である可能性がある。


【上へ】


カジート

スキル

スリ師 中装鎧スキルラインの経験値獲得量が 15% 増加する。
スリの成功率が 5% 増加する。
丈夫 体力再生の最大値が【 33 / 66 / 100 】増加する。
スタミナ再生マジカ再生の最大値が【 25 / 50 / 85 】増加する。
月の祝福 体力スタミナマジカの最大値が【 250 / 500 / 825 】増加する。
猫の待ち伏せ ステルス時の探知される半径を【 1m / 2m / 3m 】縮小する。
武器と呪文のクリティカル率が【 3% / 6% / 10% 】増加する。

種族の特徴

戦闘面

どんなスタイルでも力を発揮する。所謂、器用貧乏。
瞬間火力ではその他種族に劣り、継戦力もそれが強みの種族には劣る。
しかし、クリティカル率10%の恩恵はかなり大きく、安定したクリティカルダメージやヒールに繋がるため、総合的には他の種族と差はほとんどない。

マジカ、スタミナどちらの系統のビルドでも適しており、
DPS、ヒーラー、タンク全てに適していると言える。

【猫好きは何も考えずカジートにすれば良い。】
【約束された未来が待っている。】

隠密行動も得意。


カジート

種族デザイン
猫。
シロディール南西のエルスウェア出身の種族でカジートには様々な種がおり、刀剣に魔法に長けているものは様々。
たてがみと呼ばれる生まれながらの王とされる種もいる。
ムーンシュガーが好物だが、それを原料に作られるスクゥーマと言う麻薬がよくよく問題になっている。

==============================
【余談】

カジートはタムリエル大陸の古くからの原生種であると考えられている。
つまり、人間やエルフよりも昔からタムリエルの地に住んでいたということ。

しかし、エルフの一部はアルドメリ大陸より移住したアルドマーの変異した姿だと考えている者も存在し、実際にカジートの中にはエルフのような外見をした種も存在する。

また、カジートの伝承からの一つの説としてデイドラのアズラが自分好みに作った種ともされている。

真偽はともかく、カジートはアルドマーが上陸する以前から文明を持っていたが、あまり軍事力の強い文明では無かったとされる。
16の領域があったそうだが、争いもなくそれぞれの領域の得意分野で助け合いながら暮らしていた。

なぜかタムリエルを支配したアイレイド達の侵攻にも合わなかったとされる。

ムーンシュガーを好物としており、甘いものが大好きだが、ただ甘いムーンシュガーを好んでる訳では無く、 ムーンシュガーを消費することによって、彼らは月の神、ジョーンとジョーデの永遠の魂のごく一部を消費していると信じている。

ある意味、甘い物をたくさん食べていいとする宗教である。

カジートは産まれる時の双子月の満ち欠けの影響によって種が変わる。

==============================


様々な種のカジート

参考画像。様々な種のカジート


【上へ】

【戻る】




PAGETOP